抑毛

「抑毛」という処理方法

腕を気にする女性のイメージ画像

無駄毛の処理方法といえば、まっさきに思い浮かぶのが脱毛です。

 

エステやクリニック、毛抜きによって毛を抜くこの方法は再生までの期間が長く、そういう意味では大変ありがたいです。
しかしエステやクリニックはお金がかかりますし、毛抜きは肌を痛めやすいです。

 

除毛は「今生えている毛を」すぐになくせるという即効性がありがたい無駄毛処理方法です。
「明日までに綺麗にしたい」という人にもありがたいこの方法は、カミソリや除毛クリームなどを使うので格安で処理できるのも魅力。
ただしデメリットとして、再生までの時間が非常に短く、言ってみれば「対処療法」にしかすぎないという点があげられます。

 

上の二つよりも知名度が低いのが、抑毛という方法。
これは唯一、「今ある毛」に作用するのではなく、「これから生えてくる毛」に効果を及ぼします。
次に生えてくる毛を細く薄くするもので、今までの処理方法とは一線を画しています。
即効性がないのが難点ですが、肌荒れが極端に起こりにくく、肌の弱い人には特にお勧めです。

 

エステにいくのはちょっと…という方にNEWコントロールジェルME

 

コントロールジェルMEとパイナップル豆乳ローション

抑毛ローションを使用する女性のイメージ画像

さて抑毛ローションには、有名なものが二つあります。それがコントロールジェルMEとパイナップル豆乳ローションです。

 

パイナップル豆乳ローションは除毛クリームとしても似たような名称のものがありますが、こちらは「抑毛」の成分が入っています。
コントロールジェルMEに比べリーズナブルで、肌荒れももちろんしません。

 

ただ保湿用にするにはさっぱりしすぎているし、1カ月分の容量としては少々物足りません。
コントロールジェルMEはパイナップル豆乳ローションの1.5倍の価格ですが17年の実績があります。

 

さっぱりしすぎないつけ心地は、美容液としても優秀。
何より、17年の歴史に裏打ちされた確かな自信があります。

 

大手サロンでも使われる高級抑毛ローション#NEWコントロールジェルME